FC2ブログ
七色彩虹架起的回廊,其下包含的,是七色的夢。
お腹を空かせて千年の独奏歌を歌ってしまった.Ver Wataru
2010-03-12 Fri 23:37
唱這首歌的時候……我肚子餓發自真心orz。。。。。

後期mix的時候激勵做失敗了。。。。然後當時還弱聽沒發現|||
最後混響完成……西馬牠了。。。||||


借用神PV → http://www.nicovideo.jp/watch/sm7742997
元動画様 → http://www.nicovideo.jp/watch/sm3122624

低音還是有點勉強呢~

這首歌初次聽的並不是kaito的原版,而是nico野生們的一個合唱版……
名字是 純爺們兒的獨奏歌 漢達の独奏歌【KAITOと10人の歌い手】
當時就感覺:啊……這歌……戳中了我的什麽……
之後看到了這個神PV,頓時淚流了。。。

千年獨奏歌,千年人偶獨自的奏歌。

この体は全て,作り物でしかないけど
この心はせめて,歌に捧げていよう
この月の下で,もうめぐり逢うこともないけど
この空に向かって,歌い続けていよう


土豆兒地址: 快!戳我!



歌詞兒(附假名):

千年の独奏歌
作詞:yanagiP
作曲:yanagiP
編曲:yanagiP
唄:KAITO

ひとり灰色(はいいろ)の丘(おか)
乾(かわ)いた枯草(かれくさ)踏(ふ)みしめて
思(おも)い巡(めぐ)らせる
空(そら)の彼方(かなた)に

風(かぜ)に揺(ゆ)れる花(はな)びら
柔(やわ)らかなあなたの微笑(ほほえ)み
淡(あわ)い記憶(きおく)のかけら
セピア色(いろ)の向(む)こうの幻(まぼろし)
誰(だれ)も知(し)らない
歌(うた)を奏(かな)でよう
この身(み)が錆(さ)びて
停(とま)まろうとも
崩(くず)れかけた墓標(ぼひょう)に
歌(うた)い続(つづ)けよう
あなたの 残(のこ)した歌(うた)を

この体(からだ)は全(すべ)て
作(つく)り物(もの)でしかないけど
この心(こころ)はせめて
歌(うた)に捧(ささ)げていよう


沈(しず)む夕陽(ゆうひ)に向(む)かう
色(いろ)あせたギターを片手(かたて)に
響(ひび)くこだまに踊(おど)る
影法師(かげぼうし)

擦(す)り切(き)れた指先(ゆびさき)は
光(ひかり)を鈍(にぶ)く照(て)り返(かえ)して
口(くち)ずさむメロディは
風(かぜ)に乗(の)って空(そら)の向(む)こうまで
かすかに軋(きし)む
銀(ぎん)の歯車(はぐるま)
響(ひび)いてゆく
鈍色(にぶいろ)の鼓動(こどう)
ガラスの瞳(ひとみ)に
映(うつ)るこの空(そら)は
どんな まやかしだろう

この月(つき)の下(した)で
もうめぐり逢(あ)うこともないけど
この空(そら)に向(む)かって
歌(うた)い続(つづ)けていよう



あなたと出逢(であ)った
すみれの丘(おか)も
幾千(いくせん)の夜(よる)に
灰色(はいいろ)の亡骸(なきがら)

この体(からだ)は全(すべ)て
作(つく)り物(もの)でしかないけど
この心(こころ)はせめて
歌(うた)に捧(ささ)げていよう
この月(つき)の下(した)で
もうめぐり逢(あ)うこともないけど
この空(そら)に向(む)かって
歌(うた)い続(つづ)けていよう


歌詞兒翻譯:

一人伫立灰色山岗
平朽的枯草踏于脚下
思绪飘向天空的彼方
风中摇曳的花瓣
温柔如你的笑颜
些许记忆的碎片
婉若深棕色彼岸的虚幻
唱着无人知晓的歌谣
即使身体锈蚀停止
也会在倒塌的墓碑前继续唱你留下的歌
这副躯体
完全是人工制品
至少将这颗心奉献给歌唱
面向西沉的夕阳
一手拿著褪色的吉他
人影在乐声回荡中起舞
起茧的指尖反射微弱的光芒
口中哼唱的旋律乘着风飞向天空的彼方
吱嘎轻响的银色齿轮回响着深灰色的鼓动
玻璃的瞳孔中映出的天空是多么的虚假
在这月光下不会再有相逢
但也要向着这片天空继续歌唱
与你邂逅在开满紫罗兰的山岗
历经数千日夜已化为灰色的遗骸
这副躯体完全是人工制品
至少把这颗心
奉献给歌唱在这月光下
不会再有相逢
但也要向着这片天空继续歌唱
別窓 | 〓藍〓遊吟 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<马桶你给我去shi!!! | 〓虹色回廊〓 | ニコニコを歌てっみた。 ← ナニそれ?!>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 〓虹色回廊〓 |

〓RSSリンクの表示〓

〓検索フォーム〓